スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が予言の本を読むわけ

今までにも何度かホームページやブログで書いてきましたが、私が予言の本を読むわけを書いておきたいと思います。

私は子供の頃から、天井をぼーっと見上げているうちに不思議な世界に入り込んで、色んな情報を得ていたのです。

その中で、3Dの映像でみせてもらった最も重要な予言があり、あまりにもショッキングなために、当時は子供だったということもあり、一旦忘れて、「日本に住んでいれば、いずれ本で思い出せる。」というキーワードだけを覚えていたのです。

それで、色んな本を読んで、情報を集めていました。

そんな中で、地球の環境の悪化と、人類の文明崩壊の映像をみたのではないかと思うようになりました。

不思議な世界の記憶では、最後の場面だけを覚えています。
すべての映像を観終わり、宇宙空間から地球を見おろしている私に、誰かの声が、世界中に散らばった仲間を探して集めるように言いました。
小学生の時は1970年前半ですが、大人になる頃には、世界中と簡単に繋がる方法が発明されるから心配はいらないと教えられました。
電話とテレビしか無かった時代です。

そのうちに大人になってからインターネットができるようになり、半信半疑だった記憶に確信を持つようになりました。
それも、最初の頃は、パソコンでやっていたのが、今ではスマホでいつでもどこでも世界と繋がれるのです。

文明崩壊には色んなバージョンがあるのでしょうが、地球は、危ないところに来ています。
人間が欲を捨て、感謝の気持ちで慎ましく生きるようにならないといけないと思います。
日本人だけではなくて、世界中の人がそうならないとダメなのだと思います。

そんなこんなで、グランドファーザーの予言とか、プレアデスのチャネリングの話とかを読んできました。

私たちがいる空間には目に見えない情報が存在していて、そこにアクセスすれば、未来や過去も知ることができるのです。

蛇足ですが、子供の頃に、宇宙にアクセスすることを意識して作った曲が、昔のヨーロッパの教会の合唱曲だというのを大人になってから気付いたりしました。日本ではマイナーな曲です。

発明も予言も、案外そういうところからきているのかもしれません。

そろそろ、みんな気づかないと、もう待ってもらえないところまできているのではないかと感じています。

この話を読んで何かを感じた人で、外国語に訳せる人がいたなら、この話を世界中に広めてほしいと思います。

スポンサーサイト

赤い空とグランドファーザーの予言

空が赤くなったという情報を、最近ちらほら聞きます。
先日もモンゴルで真昼間に空が赤くなっていたとか。

これは、太陽の活動と関係があるのかもしれないと私は思っていますが、限られた地域で限られた時間に出ている分には、まぁ、まだ大丈夫かな?と思えます。
けれど、世界中で同じ時に空が赤くなった時は、人類滅亡のカウントダウンの始まりだと予言した人がいるのです。

それは、グランドファーザーと呼ばれるアメリカインディアンで、名前をストーキングウルフという人です。
もう今は亡くなられています。

世界中の空が赤くなるというのは、太陽からCMEというフレアのお化けみたいなのが地球全体にストライク!となった時なのではないかと思います。
強烈な電磁波で、地球上は電子レンジ状態になるかもしれません。

空が赤くなるという予言は三つ目の予言で、実は四つ予言はあります。

二つ目まではすでに現実となってしまったので、あと、三つ目の予言が実現してしまったら、人類滅亡のカウントダウンです。

助かるのは、山の中に入って動物のように自然と共に暮らす地球の子だけだとグランドファーザーは言いました。
空が赤くなったら、1年以内に山に分け入って、都会から隔絶して生きないとダメだそうで、なぜなら、そのあと食糧危機が起こって、人々は殺し合って共食いになるからだそうです。

けれど、今の私たちに山の中でテントも無しに寝るような生き方ができるでしょうか。
私はウォシュレットがないと、トイレもままならなくなっている都会の人間ですし、できれば、人々の意識が、地球を大切にする方にパッとシフトしてほしいと願っています。

シベリアのタイガに住むアナスタシアは、人が自然の中で暮らせないことはなく、大自然は人間に必要なものを全て与えてくれていると言っています。

私もいざとなったら、それを試してみたいけれど、家族や猫がたくさんいて、自由に動くことままなりません。
そんな人が大部分だと思うので、どうか、人々が欲を捨てて、ただ生きていることに感謝して、地球を消耗させる生き方をやめてくれますようにと願っています。

赤い空。
このキーワードを忘れないように、よろしくお願いします。

大変参考になるサイトがありました。そちらですみずみまで読んでみてください。
響き合う世界 ReLAXIS

欲望からドラマは生まれる

この世に生まれて何も欲望を持たなかったら、人生ドラマは生まれないんだなあと、このごろ韓流ドラマを見過ぎの私は思うわけです。

欲望を持つということは、人生ドラマの畑に種をまくようなもので、欲望の種類によって咲く花も違ってくる・・・そんな風に思います。

でも、どんなに良いことに思えることでも、欲望を持った時点でドロドロ人生ドラマは始まってしまうものだなとつくづく思うのです。

まだ三十台の頃に、私は標高の高い田舎に移住したいと思っていました。
それも欲望なのですが、移住するにあたって一人で行くには心細いし、息子の勉強はどうなるんだとか、つまらないことを考えていた時に、ダンナと知り合いました。
意見も合うし、将来の寂しさを考えなくても済むのなら、少し田舎に移住する時が延期になっても、まぁいいか・・・そう考えて、私は大阪でしばらく暮らすことに決めてしまいました。

寂しいのが嫌だから仲間を作りたいという欲望を叶えてしまったために、そのあと家は猫だらけ、猫のために家のローンは抱えることになるし、息子は勉強どころか学校に行くのを嫌がるしで、大変な15年間を過ごすことになってしまいました。

それは、今思えば、自分のエゴを通すことによって私が種を植えて発芽したのだと思います。

野良猫のボランティアさんを置いて自分だけ田舎に逃げるのも申し訳ないとか、そのあとも次々に大阪にとどまらなければいけない理由が発生し、鼻づまりで苦しいのに、汚れた空気を吸って生きてきたのです。

幸か不幸か、大阪にいたおかげで鍼灸師にはなれました。
東洋医学を本格的に学べたし、良いこともありました。
猫の里親探しをする時は、自分の心を穏やかにしていないと、良い人から声をかけてもらえないという法則も発見しました。

私の欲望は、まだ可愛いものだったから、ドロドロ人生ドラマもあまり悲惨なことにならなくて済んだみたいです。

もしももっとお金に執着するとか、人を陥れるようなことに欲望を抱けば、どうなっていたか・・・
せっかく生まれてきた人生を台無しにしていたんではないだろうかと思います。

まあ、作品を作る人は、こういう欲望の種から生まれる花のお話を作って人々を楽しませるのが仕事なんでしょうね。
毎日ドラマをみますが、自分の人生では経験できないものを擬似体験できるということは、良い時代に生まれついたと言えるのではないでしょうか。

残りの人生、変な欲望は抱かずに、シンプルに生きて行きたいと思います。

地下60階と地上60階 コツはプラスマイナス0のバランス維持

すごく変な題をつけてしまいました。
人の話を聞き過ぎる場合と聞かない場合の考察です。

まず自分の経験から、聞き過ぎた場合にどうなるか。
母親の言いなり、医者の言いなり、先生の言いなり。

言いなりになり過ぎた結果、うまく行かなかった場合、その人は、もしまだ生きていたら、立ち直るのに地下60階から這い上がらないといけません。(それくらい大変)

人の助言を聞かなくて、うまく行かなかった場合、地上60階から落ちて頭を打ちます。(それくらい大変)

ではどうしたらいいかというと、自分の位置をいつも地上1階になるようにバランスを取ることが大切。
60-60=0の位置になるようにバランスを取るのです。

世の中を見渡すと、いくつになってもバランスを取らないで、周りの事柄に振り回されて損をしたり頭を打つ人が後を絶えません。
こんな私も実はそうです。
でも、少しでも自分に与えられる打撃が少なくて済むにはどうしたらいいかと考えたら、こういうことになりました。

人のいうことを聞かないで頭を打つのは、よくイメージできると思いますが、聞き過ぎて地面の下に埋没するなんて、イメージが湧きにくいかもしれません。
でも、現代人なら、デパ地下や地下鉄にも乗りますし、地面の下にもそれなりの世界が広がっているイメージは湧きやすいと思います。

自分自身をしっかりと持って、自分で情報を収集し、他人の意見を参考にしつつも自分の方向性は自分で決めていく。
地に足をつけるということは、結局こういうことなんだろうなと思います。

そうしていれば、何か失敗しても他人のせいにしたりしないし、恨んだりすることもないと思います。
大けがをしなくて済むように、心の振幅の振り幅を、コントロールすることが大切だなあと思う今日この頃です。

お金がすべての世の中で私がやりたいこと

お金が流通している国はどこでもそうなのかどうかは知りませんが、少なくとも日本の場合、お金がすべての世の中であることは確かです。
お金が大事で、命や心は二の次。

たとえば、可哀想な動物を助けたいと思ってボランティア活動を始める人はたくさんいます。
たくさん助けようと思ったら、人手も費用もいるようになってきます。
そうするうちに、お金に追われて、動物を助けているのか、お金に追われている自分を助けているのかわからない状況になってくると思うのです。

だから、こういったボランティア活動の場合は、システムを大きくしないで、出来る範囲でコツコツしている方が長続きするし、初心が貫きやすいのではないかと思います。

私たち夫婦は、動物を助けたい方のために、野良猫の避妊去勢の料金を、飼い猫並みの手技で、安く行うようにしています。
私たちが助けたい方とは、個人で細々と動物を助け続けている人のことです。

ですから、動物病院を大きくしようとか、スタッフの数を増やしたり予約の数を増やして儲けようという思いはありません。
それでも自分たちの生活がありますし、疲弊してやめてしまいたくなるといけないので、あまりにも安くすることもできません。
手を抜いて安くするのも納得ができませんから、それなりにキチンとしていきたいと思っています。

野良猫問題を解決するときに、一番大切なことは、野良猫に直接関わっている人が、自分のテリトリーの野良猫の避妊去勢をコツコツしていくことです。
地域にどんな猫がいるかもわからずに、遠方から出向いて適当に捕獲して適当に放すことは、猫の体調管理を少しでもしてあげたい私には、あまり気に入ったやり方ではありません。
やはり、世話をしている人が、一匹一匹愛情をかけて、手術をしてあげてもらいたいと思うのです。

猫ちゃんの体に負担がないように、手術で使う糸なども、免疫反応の少ないといわれているものを採用し、野良猫の場合は、おなかの筋肉を縫うのに、溶ける糸は使いません。
飼い猫で溶ける糸を使うときでも、安物は使いません。
また、皮膚はステンレスのワイヤーを使います。なぜかというと、猫の場合、皮膚を溶ける糸で縫った場合は、術後管理が大変なのです。特に野良猫ですぐに外に放される猫に使うべきではないと考えています。
滅菌消毒をきちんとしているので、念のために出してはいますが、術後に抗生剤を与えなくても、ほとんどの猫ちゃんは元気になれます。

そういう風にして、もうけは少なくても、猫のために一生懸命考えて、毎日手術をしています。
こんなことがいつまで続くかわかりませんが、お金がすべての世の中で、贅沢をせずに自分の信念を貫き通すことができれば、本望だと思います。

野良猫を助け終わったら、今度は鍼灸師として、人間を助けたいとも思います。
それが、私の残りの人生で持つことが出来る夢なのではないかと思っています
プロフィール

Author:あくび猫
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。